talion gallery

2022.6.25 - 7.24

-
泉太郎キュレーション
「四遊小説 - 関節(1) - 転ばぬ先の虚根」
-
未だ関節に至らずに夜中に絡まり迷うし遊ぶし、関節を探しに出かけて今帰ったところ、鍵を失くして指先でほじる、自分ちに泥棒…!(隣人は独り言を歌う。壁にA2の紙を貼って、薄皮くらいの厚みを足した)

1がいるようだ、1は動いているのか、1を眺めている2の足元に絡まる3を睨みつける4の心中を5が汲み取れたのは6が7をほっぽり出して帰ったあとだった。7を見つけた8は9が袖口から出した10の先を使って11に合図を出したが11は気付かず、11と13の間を擦りぬけて現れたのは12だった。(泉太郎)
-

Press Release >>





facebooktwitter